負けなし

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手の戦績~勝率9割は超える!?

人類最強の男と称されるエメリヤーエンコ・ヒョードル。彼の戦績はどれほどだったのでしょう。

実は試合に負けることはあるし、常に楽勝をしているというわけではありません。ヒョードル選手の戦績について簡単にまとめてみました。

◆総合格闘家としてのヒョードルの戦績

人類最強の男ヒョードル。

彼のニックネームは物凄いものを感じさせますが、じゃあ負けなかったかといったらそういうわけではありません。

総合格闘家としてのヒョードルの戦績は36勝4敗1ノーコンテストです。しかも8試合は判定までもつれています。つまり強いには強いけど誰も手がつけられないと言う感じではありませんでした。

言ってみれば相撲界の白鵬の方が勝率は良かったと言えるかもしれません。

とはいえヒョードルが総合格闘家人生で凄かったのは2000年から2010年まで無敗を誇っていたということです。しかもその間の相手はアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、藤田和之、小川直也、ミルコ・クロコップ、マーク・ハントと言ったまさに世界最高峰の格闘家たちです。相手が超一流の中でのこの戦績! 蓋を開けてみたらやはり「人類最強の男」がつけられたのは納得がいきますね。

◆ヒョードルがすごいのは総合格闘技だけじゃない!

人類最強の男なんて言ったら、他の競技をしているものが「ちょっと待った」と手を挙げたくなることでしょう。

しかしヒョードルが行っていたのは総合格闘技だけじゃありません。むしろ柔道、サンボが基盤になっての総合格闘技です。

柔道に関して言えば1996年全ロシア柔道選手権大会、1997年ロシア国際トーナメントに優勝を果たし、1998年全ロシア柔道選手権、1999年ロシア国際柔道選手主権、1999年ブルガリア国際柔道選手権でそれぞれ3位になっています。

コンバットサンボの世界選手権では何度も優勝をしていて、サンボ界ではまさに敵なしだったという状態です。

これらの格闘技の戦績を合わせたら優に勝率9割は超えているでしょう。

しかも強い人というのは相手がその人相手にピークを持ってくるのでただの1勝よりも重みがあります。それを加味してのこの戦績はまさに神がかっているとしか言いようがありませんね。

◆ヒョードルの戦績の裏にあるもの

柔道がめちゃくちゃ強い、コンバットサンボでは世界をとれる、打撃でもノックアウトできるキレとパワーを持っている。それでもそれだけではここまでの戦績は残せなかったでしょう。ヒョードルの中の人間力と言うのも、戦績を形成する要素だったのではないかと私は思います。

リングスではいつも手を焼く外国人格闘家に対し(契約に関してだの待遇に対してだの日本人より扱いづらい)ヒョードルは大物であったにもかかわらずそこまで手がかからなかったと言われているし、弟がマフィアに入ってしまった時には馬乗りになって弟をボコボコにし、力づくで辞めさせたというエピソードもあります。

曲がったことが大嫌いと言う人間が強いとは言い切れませんが、そういった自分の中にある確固たる信念というものがこの戦績を左右しているのではないかと思います。

強さ

エメリヤーエンコ・ヒョードル~“人類最強の男”の強さの秘訣とは?

人類最強の男ヒョードル。“人類最強”というのはあまりにも漠然としていて、何が凄いのかわからない人も多いことでしょう。

ここではなぜヒョードルが強いと言われているのか、ヒョードルの凄さは何なのかということに焦点を当てたいと思います。

◆ヒョードルの強さの根元

ヒョードルの強さの根元は柔道にあって柔道にないと言うところです。

どういうことかと申しますと、まずヒョードルは柔道が恐ろしく強かった。それこそ柔道だけやっていたらオリンピックで金メダルを取れる逸材だったでしょうね。

しかしヒョードルは柔道だけをやるという選択肢を選びませんでした。サンボも世界を制覇するレベルまで押し上げ、さらには打撃に関しても磨きに磨きまくりました。

この、

「一つをやれば頂点を極めることができたのに他のものにも手を出してトップレベルまで押し上げている」

と言う部分が世界最強の男と言われる強さの根元ではないかと私は思っています。

オリンピックで金メダルを取る、国民から賞賛される。それはそれで物凄いことです。並大抵のことでは出来ません、しかしヒョードルはその一歩も二歩も上を行って枠に縛られずに「強い奴をぶっ倒す」そういう精神が備えられているのでしょう。

◆ヒョードルの強さの秘訣

話は半分繰り返すようになりますが、ヒョードルの強さは色々な格闘技を行った事によるセンスが身についていることだと思っています。

立ち技で勝負したら磨いた打撃が飛んできてノックアウトされてしまう、寝技で勝負したら築き上げた技で関節を決められたり、締め技を食らってしまう。それにプラスして色々な選手と戦っていることから経験値が高く、安定感と決定力に加え瞬発力、爆発力を備えています。

つまり一言で言うと全部凄いという事です。

ヒョードル選手については攻撃力が取りざたされる中、あまり聞きなれない言葉が守備力です。攻撃力の強い選手は特にそこに目が行きがちですが、ヒョードルは守備にも定評があります。もし格闘技のゲームでスピード、パワー、テクニック、ディフェンス、メンタル何て項目があったら全てグラフの一番上に来てしまい、キャラクターでヒョードルを使うというゲーマーが多くなるでしょうね。

◆ヒョードル選手の恐ろしいエピソード

ヒョードルの恐ろしいところは、緻密な所にあると私は思っています。

例えばボブサップのようなパワーファイターの場合、攻撃力に任せて突っ込んでくると言うイメージがありますよね。しかしヒョードルは相手に効果的な攻撃を常に探っているのです。

ノゲイラ曰く、

「ヒョードルは休んでいる時はじっとしていて、動く時は集中して攻撃してくる」

です。

ヒョードルと対峙するだけで体力が削られそうなのに、相手は休んでるんですよ!

油断も隙もないとはまさにこのことで、ラウンドを重ねるごとに不利になっていく。かと言って開始早々攻撃をしかけたら隙を見つけられて倒される。まさに前に虎、後ろに崖といった感じでしょう。

ヒョードル選手とは戦わないという選択肢を選ぶのがベストですね(笑)。

トレーニング

エメリヤーエンコ・ヒョードル選手を最強にしたトレーニング方法とは?

エメリヤーエンコ・ヒョードルはこの強さのわりに、意外にもそこまで大きい選手ではありません。大きいには大きいですがヘビー級では小さい部類。そんな彼がヘビー級でもトップに君臨しているのはトレーニングのおかげです。それは一体どのようなトレーニング方法だったのでしょうか?

◆トレーニングパートナーが凄い!

ヒョードルが強いということは周知の事実ですが、トレーニングパートナーが誰だかご存知ですか?

元Kー1チャンピオンのアーネストホーストです。

彼はKー1王者にもかかわらずイマイチ派手さがないため、ピーターアーツ、アンディ・フグ、マイク・ベルナルド、ジェロム・レ・バンナといった選手たちよりインパクトがありません。が、チャンピオンなのです。

おそらく上記で挙げた選手は花はありますが、天性のものといった感がどうしても強く写ってしまいます。しかしホーストはコンビネーションで相手を崩すタイプなのでコーチにはうってつけです。

話はちょっと変わりますが、日本人は努力する人間が好きなのにもかかわらず、ホーストのように地味にコンビネーションで相手を崩し倒していくタイプ(と言ってもホーストの破壊力も相当なものですが)一発KOできる花がある選手の方が好きで不思議です。とにかく言ってみれば上記のように破壊力抜群の選手のDNAに緻密さのDNAを加えられたヒョードルは怖すぎるということです

◆トレーニングが結果に現れる

圧倒的な攻撃力で人類最強の男と唄われるヒョードル。それでも彼がトップに君臨する要素としてあげられるのが高い守備力です。トレーニングも怠らず受けるだけでなく交わす技術にも長けています。

ある専門家の話では、一分間に打撃をもらう回数が最も低いファイターの一人だというのです。

あんな攻撃力を持っている上にスイスイ交わしてしまう。そんな相手と一体どう戦えばいいの?と言った感じですよね。はじめの一歩で言えば鷹村の攻撃力に宮田のフットワークといったところでしょうか。やはり倒そうとするのは無理ですね。一発大狙いしてカウンターをやられるという危険性もありますし…

◆ウェイトトレーニングを積極的に取り入れている

ヒョードルは地道なウェイトトレーニングをとりいれています。これは総合格闘技に転向する前から行っていて、これによってヘビー級でも戦える肉体を作りました。

軍に所属していたときでもウェイトトレーニングは怠らなかったといいます。

総合格闘技に転向してからは自重でのトレーニングに切り替えていたようですが、今ではまたウェイトトレーニングを重ねているようです。

元々大柄だったわけではないヒョードルがあそこまでヘビー級に適した体型になった背景には過酷なウェイトトレーニングがあった事でしょう。

ヒョードルは何も最初から完璧な恵まれた体があって絶対王者に君臨しているというわけではなく、様々なトレーニングを妥協する事なく取り入れて、さらに最高のトレーニングパートナーを得てここまで登ってきたのです!